カフェ・アダチ ロゴ

 

店舗情報

11:00 – 18:00 L.O. 17:30
金曜定休

全席禁煙 / バリアフリー

座席数:店内36席

© Cafe Adachi

ブログ

Blog

コーヒー診療所 〜石脇さんとコーヒーのプロたち〜

Posted: 2021.08.07 Category: ブログ Comment: (2)

コーヒー診療所 〜石脇さんとコーヒーのプロたち〜イメージ1

店主です。


ここ二年ほど続けてある場所を「自身の名前を冠した居住空間」とみなし、そこにやって来る種々の人々を「歓待」(デリダ)によって受け入れようとの細やかなこころみを実施しました。きわめて曖昧かつ少なくない催し事の中、わたしがいっとうやりたかったのは田口護氏の著作に向けた「読みの試み」と、石脇智広氏の著作に向けた同様の実験でした。その二つのうちにあって、個人的な思いを込めて多くの人の来訪を所望していたところはあったというのに、結果はまったくその正反対のものでしたが。。


とくにわたしは、石脇さんについて、誰かと話してみたいのです。田口護氏ではなく、本当は石脇智広氏について、よく話してみたいのです。しかし、二年連続で各人に分配した時間にあった出来事は変わらず、また「石脇先生の時間」での来訪者数は、ただの一人さえ計上することができないものでしたから、願意は結実をみせることはありませんでした。宣告通り、わたしはただ石脇氏の著作をパラパラとめくりました。彼が(現在のところまでにおける)主著を上梓したのと同じ年齢になっているわたしが、どこまでそれと同じような水準(この言葉には注意が必要)で何か考え、ものを書きえているのか。。そんなことを考えていたら、いつのまにかうとうとしていました。(目を覚ましてから、そこまで振り返りました)。


そのときの映写状態の気分とはまるで無関係に、わたしは『コーヒー「こつ」の科学』の続きを読む機会に、それからしばらくして、突如ぶつかることになったのです。それは、期せずして訪れていた、あの時の来訪者の一人によってもたらされていた延長の時間でしたから、そのことはまったくのふいうちともいえなかったのかもしれませんが。。いずれにしても、石脇氏が代表をしている会社の公式的な窓口で「コーヒー診療所」(石脇さんとコーヒーの仲間たち)という、Q&A形式の設問の場があることを、わたしはとてもさりげなくひとから教えられたのです。読んでみると、これは、完全に『コーヒー「こつ」の科学』続編でした。わたしには完全に、そういうものに感じられました。開いていくものを見ていくうちに、わたしはコーヒーに関して、ある得体の知れない想念が跋扈する空間を、圧倒されてただひたすら眺めることになったのです。そこには型を持った人たちが形を問題にして物事を尺度の側へ戻しこむ様態と、それをいなし続ける人の涙ぐましい姿がありました。


わたしはそれが、どこかで見た何かに似ていると思いました。しかし、それが何なのかはよくわかりませんでした。そして次第に、それが何やら子供が電話をしてコーヒーのことを相談している場面だったように思い出しましたが。。あるいはそれは、ただの思い違いだったのかもしれません。


コメント

  1. 珈琲わが一部 より:

    ホモサピエンスの脳を考えるとき、普通の事象かと存じます。生命維持するには、本能といわれる行動を、コントロールする、自分以外とのバランス(ホモサピエンスの発達部位・大脳皮質の前頭前野)を使わないと、コミュニティーから排出される、もしくは異端なグループ(思想)として記憶され、大雑把に認識のファイルが起こり、好奇心からくる理解欲を寸断しなければ、個人の意識がブレブレ(多重人格)になるからです。嗜好品といわれてる?個人の価値観を満足させる明確な科学的基準や根拠はなく、十人十色より、一人十色くらいで、己の価値観さえブレブレです。又AIと言われる人工知能のベースも過去のビックデーターが基本となって判断を処理します。あの時の、あの瞬間は気持ちよかったと、記憶がファイルされると、それを再度欲して同じような行動や思考を繰り返して、脳は興奮します。厄介なことにこの大脳は左右が反発していて、判断もガラガラポンです。すこし大雑把になりましたが、ハイコストの生豆とコマーシャルコーヒーの生豆の成分の何がどのような比率や含有量が、加熱反応の処理方法を化学反応を含めて解析すれば、多少は近似値に有効性を見出すことはできますが、同一ではありません。重箱の隅をつつきまくって穴をあけたら、こんなものか?と脳は認識してくれます。終わりの始まりがそこで起こり、繰り返す。当たり前のことで、個体中心(植物の生豆として)に考察したら、分子レベルの差異はなくレベルの差異のセントラルドグマにつきます。
    厚顔無恥なコメント失礼いたしました。自称コーヒーマニアの戯言として一読していただければ幸いです。でも、自分がおいしいと思ったコーヒーが第三者に、これ美味しいといわれたときの脳内ホルモンは癖になります。

    • adachi より:

      読者のそれほど多くない(と思われる)ブログにコメントをお寄せいただき、どうもありがとうございます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

Categories

Latest Posts

Archives

← 戻る