カフェ・アダチ

- 店舗情報 -

8:30 - 18:30 L.O. 18:00
金曜定休

全席禁煙 / バリアフリー

座席数:店内44席

岐阜県関市小瀬1833

0575-23-0539

© Cafe de Gallery Adachi

ブログ

Blog

東京カフェ巡り バッハさん

Posted: 2019.04.13 Category: カフェ紹介ブログ Comment: (0)

東京カフェ巡り バッハさんイメージ1

東京カフェ巡り バッハさんイメージ2

おはようございます、アダチスタッフです。
社員の上崎とともにお休みいてだき東京に行って参りました^_^



1軒目は言わずと知れた名店。店主小森さんからずーっとお話しを伺ってきたカフェバッハです。やっと訪れることができて感慨深く思いました。



南千住の駅から5分ほど歩くと、バッハがコーヒーを持っている看板が見えてきました。
ここで記念に1枚撮影。
写り込んでいる人が怪しさしかありませんが気にしないでください。以前アダチの持ち帰りケーキのチラシを作った森山です。ほんとに怪しくてごめんなさい。


店内は意外にもこじんまりとした印象で、背の低い椅子とテーブル並んでいます。何人かお客様がみえましたが、皆さまゆったりコーヒーを楽しんでいるご様子で、店内大変落ち着いていました。
席に通していただき注文。マイルドブレンド、バッハブレンド、インディアとケーキを3種お願いしました。
飲み比べ食べ比べあれこれ話していると森山が
「スパイがいますよー」
というのでちょっと静かにして欲しかったです。別にスパイではない。敵でもない。

それぞれのコーヒーを飲み終わったあと、ブラジルwを注文し3人で回し飲み。
このブラジルw、驚きました。
すきっとしていて、透明感がありました。
アダチのブラジルとも今まで飲んだことあるブラジルとも全然違う味わい。このwはウォッシュドのwで、水洗式精選方法のことだそうです。詳しくは小森店長か上崎氏へ〜(-.-;)



しかし私が何より驚いたのは接客でした。
決して広いとは言えない作業スペース、接客スペースで、店員さんたちがスルスルと動きます。
よく見ていると、分担がきちっとされています。
カウンターでコーヒーを淹れる方は基本カウンターから動かず。フロア担当の方々は2人ほどで全席を把握し、注文、提供、片付けとテキパキと動いていました。
そしてきっと見習いさん、焙煎機の横に静かに佇み、先輩方の動きをじっと見つめていました。
しかしカウンターの方々もお客さんのことはちゃんと気にされています。私が御手洗いの順番を待ちながら豆を眺めていると、「豆のお持ち帰りされますか?」とすぐにお声がけがありました。はい、と言うと「席までメニューお持ちしますので、お待ちください」と。カウンターの方から指示が出て、フロアの方々がメニュー表が届けてくれました。見事な連携プレーでした。
お水も少なくなるとすぐに注がれますし、空いたものを下げるスピードも速い!!!
私も心がけてはいることですが、プロの接客に触れ、皆さまに気持ちよくアダチのコーヒーを楽しんでいただけるよう改めて頑張ろう!!と思いました(>_<)

という話しを上崎さんとしているとまた「スパイがいますよー」とチャチャが入り。違います。参考にしてるんです。



とても勉強になるコーヒータイムでした。

東京カフェ巡り バッハさんイメージ3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

関連記事

Categories

Latest Posts

Archives

← 戻る